カルト教の事件ってヤバいの多いな

人気記事
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:53:43 ID:nBm
アドルフォ・コンスタンツォ
1989年4月12日、メキシコとアメリカの国境の町である
マタモロスの広大な牧場で、15体のバラバラ死体が発見された。
牧場敷地内には怪しげな小屋があり、近づくと激しい異臭を
放っていた。警察が小屋の扉を開けると、中は黒魔術のような
デコレーションが施されており、いくつかの大がまが煮られていた。
悪臭は、その大がまから漂っていたのだ。

カルト

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:54:11 ID:nBm
大がまをのぞき込んだ警察官は驚愕した。大がまには、ニワトリやヤギの頭や脚などと共に、人間の脳や身体の一部が浮かんでいたのである。小屋の中の祭壇は血まみれになっており、まるで地獄のようだったと伝えられている。

3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:55:57 ID:37J
そもそもカルト教自体がやばいから事件もやばくなるのも当然
ん?事件がやばいからカルト教がやばいんか

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:57:00 ID:nBm
no title

その大釜

>>3
どっちもやばい

5: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:06 ID:gF2
>>4
何の儀式してたんやこれ

11: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:46 ID:nBm
>>5
黒魔術やから悪魔にお願い事でもしてたんじゃね(適当)

6: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:07 ID:9fh
ヤバいからカルトって呼ばれるんやろ

7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:10 ID:nBm
太陽寺院もヤバいンゴねぇ
革命的集団自殺とかいう吹きそうになる言葉よ

1994年10月にスイスとカナダで集団自殺したとされ、53人(うち子供16人)が遺体で発見された。教祖を含め信者は高学歴で社会的地位のある裕福な白人が多かったため、全世界に衝撃を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/太陽寺院

8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:21 ID:38Y
そりゃ宗教の本質は反社会性にあるし
仏教や基督教が市民権あるのは運が良かったんやで

9: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:58:21 ID:2db
神への供物かなんかで病院とかから赤子さらってたやつらいたよな
心臓取り出してたとか

12: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:59:05 ID:gF2
アメリカのカルトで集団自殺した奴あったやろ

13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:59:17 ID:nBm
>>12
太陽寺院?

22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:03:16 ID:gF2
>>13
カルトの集団自殺事例多すぎてようわからんけど多分ガイアナ人民寺院事件やなワイの考えてたの
襲撃後「ジョーンズタウン」に犯行から戻った信者たちは、同日午後5時過ぎ、ジョーンズの指示によって、大きな鍋に入ったシアン化合物入りの飲料水を飲むか、シアン化合物を注射して集団自殺を図り、「ジョーンズタウン」で暮らしていた信者の約9割の914人が死亡した。その内の267人は18歳以下の子供であった。

なお、これに先立って数十回に渡りジョーンズは信者に対して集団自殺の「予行演習」を行わせていた。集団自殺の模様を録音したカセットテープが残されており、ジョーンズは、ライアンら「一部の嘘つきたち」の訪問によってこれ以上教団での生活が不可能になったと主張し、信者たちに対し、これは「革命的自殺」であり、「別世界への旅立ち」だと訴えていた。このときのテープは演説、信者達の歌声が鳴り響きながら次々にその歌声が途絶えていき、最後にはまったくの無音になるという恐るべき死の過程を記録したものであり、後にTVでも放送され、全世界を恐怖のどん底へ陥れた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/人民寺院

16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:00:25 ID:C7Y
死んだ人数から考えるとキリスト教ってカルトの比じゃないいんやな

18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:01:01 ID:T36
>>16
数億単位だからな

20: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:02:27 ID:nBm
[5月30日 AFP]インド北東部アッサム(Assam)州のソニトプル(Sonitpur)地区で、5歳男児が魔術を信仰するとされる男にいけにえとして首を斬られて殺害された。地元警察などが29日、明らかにした。男は怒った村人たちによる私刑で殺されたという。

 殺された男児の父親は地元テレビに対し、男はチョコレートをあげると言って男児を自宅へ誘い、ヒンズー教の女神カリ(Kali)へのいけにえとして簡素な祭壇の前で男児の首を斬って殺害したと話した。

カーリー…

21: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:03:07 ID:nBm
>>20
2015年の事件ね

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:03:57 ID:edU
これあれやろ
哲ニューやろ?

26: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:05:10 ID:nBm
哲学Newsはコメント欄が酷いイメージ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:06:17 ID:gF2
ガイアナ人民寺院の下院議員視察団殺害からの集団自殺の流れが衝撃的すぎたわ

30: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:08:04 ID:6oi
人民寺院最近題材になってたな、OUTLASTの

31: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:08:07 ID:eS6
日本にも宗教絡みの心中があった気がする
教祖が死んだあと教祖のお手つきの女達が後追いで焼身自殺したやつ
や宗糞

36: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:10:14 ID:nBm
>>31
教祖モテるなぁ

33: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:09:09 ID:nBm
太陽寺院「シリウス星への移動を感じる」
ヘヴンズゲート「先に行った仲間に会うためにヘール・ホップ彗星とともに宇宙船へ行ってくる」

自殺理由ひどない

35: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:10:10 ID:sK9
日本やとオウムとあと死体のやつ
全盛期のオウム真理教ってどのくらいやばかったの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4609609.html

38: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:11:23 ID:eS6
白装束って山奥でひっそり活動しとるだけっぽかったけどなんで話題になったんや
パナ

39: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:11:51 ID:gF2
日本のオウムは世界初の大都市毒ガステロを実行してるから十分やばい

41: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:14:05 ID:rNa
今ふと思ったけど
イスラム国ってオウムみたいなもんなんかな
確かオウムももとは仏教やろ?

42: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:14:44 ID:nBm
>>41
チベット系の仏教っぽい
あんま詳しくないけど

43: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:15:43 ID:sK9
カルトの施設

(創価)
no title

(天理教)
no title

(幸福の科学)
no title

カルトの教え

(幸福の科学)
no title

no title

巨大宗教施設の画像を貼るスレ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4091900.html

45: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:19:43 ID:nBm
>>43
内容キッツいなぁ

44: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)21:15:46 ID:nBm
http://news.ameba.jp/20130329-705/
パプアニューギニア

Thugs_and_poisoners
タギーはカーリーへの供物として全ての信者に毎年1人以上の殺人を義務付けた。タギーの教義では、血はカーリーに捧げるものとされ流血を禁じていたため、殺害の際には絞殺に限った。

黄色いスカーフでの絞殺を得意とした。黄色いスカーフを使うのは、ヒンドゥー教の死の女神カーリーの神話による。カーリーがアスラのラクタヴィージャを倒す際、2人の人間にスカートの切れ端を与え、ラクタビージャの首を絞めさせたという。

裕福な旅人や旅の商人をターゲットとし、仲間が気を逸らせている間に音もなく血も流さず殺し、荷物を奪った。凶器がスカーフということは、持ち物の中に発見されても罪に問えない利点もあった。タギーはこうして蓄えた富で組織の維持を図り、また各地の有力者に財貨を送り、組織の安全を図ったとされている。

タギーが歴史上の記録に現れる1550年から壊滅する1853年までに少なくとも200万人が殺害されたと推測されている。

イギリス領時代の19世紀半ば、植民地政府の役人で軍人のウィリアム・ヘンリー・スリーマン(英語版) (William Henry Sleeman) が、イギリス統治下でも長くインド人の迷信と存在が信じられなかったタギーの実態を幾度にも渡る暗殺の危機にさらされながら暴き、1835年から自らがその撲滅の責任者となり2年間に渡る掃討作戦でタギーは壊滅した。逮捕されたメンバーの中には、1840年に刑死したベーラムという男が50年間に渡る犯行で931人の殺害に関与したと伝えられており、ギネスブックにも記載されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/タギー

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1498305223/



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする